2009年08月18日

なんてこった。

葉流です。
まことに残念なことですが、冬コミの申込書の通販がやってないので、冬コミに参加できません。

1回戻ったときに買おうと思ったけど、撤収してたのか、無かったんですよね……。とはいえ、本編のキャラデザも変えてしまおうと思っていたので、どちらにしろ無理そうでしたが。
そして四ヶ月もなくて作れる気がしなかったし。
グラフィックが主に無理だろ、と思っていました。あとシナリオも薄いのになったらアレですし。

そういえば、今回の虚蝉は、全員お披露目ということでシナリオも二人に分けてますが、読んで分かるとおり、性格もなんも違うので、クセでパッキリ分かれてます。
分担は、私が一日目、三日目、五日目、全エンド、阿井さんが二日目、四日目、六日目になっています。今回は、四日目六日目のあらすじも企画として練りましたが、性格合わせるのだけで、時間がなくなってしまったので、次はよほど時間が無い限り、二人で共同で書くのは無い様にしようと思います。その方が人のためになる気がする……。別にいいのかな、そのへんは……。





posted by 葉流 at 23:45| Comment(0) | 日記

2009年08月16日

夏コミ、ありがとう御座いました!

葉流です。
初参加で、ジャケットにエロ絵のひとつも入っていないにもかかわらず、200部ほとんど買っていただけました!

本当にありがとうございます。

メンバーの新島さんと阿井さんが、素敵ボイスの客寄せでどんどんさばいてくれて、頼もしい限りでした。

私?
私はゴミでした。舌が回らないわ、頭もまわらないわ、酷い。
オンとオフとのギャップが酷いので、いつも文章で会話してる人にガッカリされます。ついでに見た目と中身も違うとガッカリされます。どんだけガッカリキャラだよ!!

歌を歌っていただいたふうかまりをさんにも会いました。可愛らしい女の子らしい女の子で、心がホワホワしました。

色々な方とお話させていただいて(ほぼ他のメンバーが対応してくださいましたが)色々勉強になったり、喜ばせていただいて、冬の参加が楽しみになりました。
色々、ミスもあるかと思いますが、冬もぜひ来ていただけたら幸いです。そのうち、攻略ルート案内とかやったほうがいいのかな……。

それにしても今回、虚蝉に関しては、製作期間が約二ヶ月くらいしかなくて、死ぬと思ったのですが、本編もよく考えたら四ヶ月しかないのに、データ量としては、今作の三倍以上あります。おぉぉぉぉ……。
とりあえず頑張ります。サブのシステムさんを募集すると思います。そうじゃないと一条さんが死んでしまう。
私も、今回色んなことを処理してましたが、今度はメンバーに振るようにしないと、たぶん回らないと思うので、考えてやろうと思います。次こそシナリオに専念したいし、人にドン引きされる仕事量は流石に何度もできない……はっはっは凡人だよ、私は!!

この前のブログも、なんか最初の文章変だしね。気づいても直さないけど。いいのよ、ブログだから。その時の空気がきっと大切なのだから……キラキラキラ。
posted by 葉流 at 23:27| Comment(0) | 日記

2009年08月13日

ゲームできたよ!

っていっても、ジャケットがギリギリなんですけど。怖いよー!

葉流です。お久しぶりです。
虚蝉ってよんで、本編と同じ「うつせみ」って読むんですけど、なんか、この前まで、なにを思ったのか「からせみ」って書いてたね!ごめんね。

いやー、マジで、本当、冗談で「ゲームとか作っちゃう?テヘ!」とか甘いこと思ってる人がいたら、本当、ゲーム作るの大変って思ってたほうがいいと思うよ。まぁ、でも、始めたからにはやるしかないよね、と頑張って作りました。最後残ったメンバーは、頑張って最後まで諦めないで作ってくれるメンバーで助かりました。
ありがとうです!本当助かった。

なんかね、正直、本当良かった。何回か、ダメかと思ってたから!
「出ない」んじゃなくて「出す」んだよ、作ったからこそ結果がでるんだから、精一杯努力してから文句は言え。と、自分に言い聞かせてたし。なにかを製作するなら、このへんは同人も商業も当たり前なんですけど、くじけそうになる気持ちが強すぎたから、感慨深すぎる(笑)本編もがんばろー。

虚蝉の内容説明は、明日にでもアップできたらなーと思うんですが、虚蝉は、空蝉から派生した話に見えますが、単独で読めるお話です。最初は、泣ける話、という感じだったんですが、まぁ、期間が一週間しかないお話なので、死ぬとかしか、泣かせられないなーと思い、書いてる途中で「心に残ることができる話」にしたいなぁと思って、そんな感じの話にしたつもりです。

ヒロインは一人ですが、人と関わりあうこととか、生きていくのが辛いこととか、問題が解決できないこととか、そういうのを解決するつもりでシナリオを書きました。
厭味な感じじゃなく、結構なハッピーエンドな感じで終わるので、少しでも気になってくださった場合は、手にとっていただければ。

値段は500円です。

エンドは四パターン。選択肢もフラグもあり。
もとが小説ばっかり書いてたもので、地の文がちょっと多いらしいです。すいません。でも一緒に書いてくれたシナリオさんは、読みやすいので!うん、そんなわけでよろしくお願いします!
posted by 葉流 at 01:01| Comment(0) | 日記

2009年05月11日

CHIVALRYが紹介されました

音響制作担当の新島です。

「空蝉」の主題歌を歌っていただいているふうかまりをさんのホームページに、CHIVALRYが紹介されました!

「Mariwonette」
http://mariwonette.com/

とってもかわいらしい、なんとも彼女らしいページなので、よかったら見に行ってあげてくださいな♪

「Works」のページの中に、彼女のコメントと共に載っていますよ〜。
posted by 葉流 at 19:45| Comment(0) | 日記

2009年05月03日

Recording

音響制作担当の新島です。

本日、空蝉の主題歌「ひとしずくの未来(あした)」のボーカル収録のため、千葉県某所のスタジオに行ってまいりました。

今回収録したのは、主題歌のメインボーカル部分、コーラスが中心でした。

主題歌を依頼したシンガーのふうかまりをさんには、かなり色々な無理な注文をしてしまいましたが、精一杯がんばって応えてくれました。
ありがとね、本当に。

途中、音が出ないだの、CD焼き増し作業が必要になるだの、モニタースピーカーが使い物にならなくなるだの、とにかく色々なトラブルはあったものの。。。

それでも何とか、主題歌に必要なボーカルは全て収録してまいりました。

いやー、かわいいね。
かわえぇ萌えw
声が入って萌え200倍(ぉ

主題歌は完成次第こちらのサイトで公開していこうと思いますので、乞うご期待!!
posted by 葉流 at 01:01| Comment(0) | 日記

2009年03月28日

制作日誌、みたいなもの

音響制作担当の新島です。

監督の葉流さんが、超〜〜〜〜〜〜多忙状態wなため、ブログ更新の代役を仰せつかりました。
以後、お見知りおきをm(_ _)m

さてさて、新作「空蝉」の製作は、着々と進んでおります。
どのくらい進んでいるかって?
いやぁ、細かいことはまだおいらの口からは言えねんだども←

でもね、シナリオはね、かなり概略ができてきたよ。
何ていうかもうね、期待に胸膨らましてもうwktk状態みたいな?
自画自賛するわけじゃねんだけど、こらおもろいもんになりそうだっつーねw
あー、○○○萌えだよ、萌え、みたいな←

おいらはおいらで、主題歌の制作作業を進めているわけなんだけども。
こりゃ、同人の規模超えてしまうんじゃね?的な危惧もありつつ。。。
うん、主題歌については、ただ今完成度80%ってとこです。

てなわけで、来週の制作会議までに、最大の山場を越えられるか否かが勝負の分かれ目!(意味不明

乞うご期待!

じゃー、そゆことで(何
posted by 葉流 at 22:15| Comment(0) | 日記

2009年02月14日

こんな日だからこそ、二次元に精を出せばいいのよ。

コミケの申し込みをするには、HPをとりあえず仮にでも作らなきゃ!とアワアワしている葉流です。こんばんは。
といっても、私は画像と宣伝文句作るだけで、他の作業はメンバーさんがやって下さってます。感謝、感謝!名前出していいかわかんないよ!メンバーなのに(笑)

さて、バレンタインですが、な〜んもないです。
枯れてる〜ぅ!ヒュー!

……はぁぁ。

ね、そんなこんなで残念な感じですがHPが開通したら、やったー今後ともよろしくお願いしまーす♪って感じで初めての方はどうぞよろしくお願いします!
なんか、今日ネタないな。
連日作業なので、きっとヒットポイント?HPが足りてないのだ。ん?ホームページじゃね?HP。
ライフポイント?LP?……それって昔はやったディスクじゃね?
あれ、おっかしいな。やっぱり頭が疲れているんだ。

あぁ、そういえばMPがまだ……はいベホイミベホイミ。
ほーむぺーじが回復した!


……むしゃくしゃして書きました。手錠をください。


そういえば、最近オー・ヘンリーの短編集を読んでいます。
有名な「最後のひと葉」を書いた人ですね。
落語みたいなオチや、感動的なオチもありますが、読み応えがあって面白いです。児童書ですが、面白いので大人の方も是非。
っていうか大人向けかも。子供面白いのかな、これ。
posted by 葉流 at 00:51| Comment(0) | 日記

2009年01月31日

はじめまして。

はじめましての方も、そうではない方も、はじめまして葉流です。
趣味で文章書き、絵描きをしています。
そして今回は、なんとゲーム業界へ呼ばれてもいないのに飛び出てジャジャジャジャーンです!

メンバーも音楽担当以外の方は集まってもらえたし、皆さんトゥーシャイシャイボーイですが、やる気があって素敵です。
私はというと、冗談ばっかり言ったり、適当だったりまとめ役で大丈夫なのかと思える感じですが、なんとかやってる感じです。

ところでこの前「若い子には優しく親切な私なので」とチャット中に言ったけど、メンバー内の誰にもつっこまれませんでした。
いやいや、そこは、つっこもうYO!
いくら私がショタでロリでコンだって、みんな同等に優しくしてるはずだし、年齢差別っていうんだぜ、それは(笑)

そういえば、外国の方からよくロリコーン、ヘンターイと言われている、日本人ですが、よくよく考えると、日本は幼少の頃より、ロリコンになりやすい環境が整いすぎです。
まず、映画から漫画まで子供=自由。大人=働き蜂という認識が植え付けられている。外国の映画は、家族が何かに…とか大人が何かに…というパターンが多いのですが、日本は子供が活躍しすぎ、親は文句をいったり、あとで改心する役目だったりする。
何で非現実なのに大人が冒険しちゃいけないんだか、問いたい気分。
私の予想だと、食いつきが良いからだと思いますけど。
あと、近年の巨乳おっぱいの爆乳化が、ひんぬー好きとの距離をまた広めています。昔から、手に収まるサイズが一番、とはよく言われていたんですけどね。
ギャルゲーが(人間なら)18〜20才。見た目なら12〜20才でという狭い年齢設定も拍車をかけている。私はまぁ変態だからいいけど。
でも、人間は二十歳から上の人間のほうが多いんだよ、とは思う。
そして、実際ロリショタな実写モノを見ると、正直すまんかった…と思う今日この頃なのでした。

ところで最近、「お前女の子だったのか」という現場に居合わせたいと思っていても、そうそう出くわしません。残念です。
そんな私ですが、今後ともよろしくお願いいたします☆
posted by 葉流 at 17:24| Comment(0) | 日記